イーウェストは検索エンジン最適化・上位表示で、お客さまのビジネスモデルを支援いたします

SEOの目的

  • 検索エンジン=広告媒体、上位表示=広告、と位置付け、広告媒体としての検索エンジンからの見込み客を効率的にお客様のWebサイトへ誘導します。
  • 収益に直結した集客を促進し、広告予算の最大効率化をはかります。
    (収益モデルの確立)
  • 業務プロセスの効率的なシステムとして、競合他社との競争優位性を確立します。
    (業務プロセスの改善と、競争モデルの確立)
  • アクセス拡大と告知=広告効果によりブランドが向上します。
  • 双方向性とリアルタイム性を生かした消費者との直接のコミュニケーションが強化できます。

SEOの重要性

 今やインターネットの世帯普及率が85%を越え、ネットユーザーの80%以上が検索エンジンで必要な情報を収集すると言われています。
 
 特に、潜在顧客を含めた新規ユーザーが、商品やサービスの情報を収集し購入するにあたっては、自ら率先し、キーワードで検索エンジンを用いて探す傾向が強いと言われています。

≪ユーザーがキーワード検索する理由≫

  • 情報の検索・比較が可能なこと
  • 情報のリアルタイム性が高いこと
  • 情報のターゲティングができること
  • 個人発信・参加型の情報が一定の影響力を持てること

など、消費者にとっては自らの嗜好・判断に基づく情報の取得・選択や情報共有が容易になり、情報流通の主導権が消費者側にシフトしているなどがあります。

 キーワードで検索するネットユーザーは、自ら商品やサービスに関連する情報を探している極めてアクティブなユーザーです。検索エンジン経由でユーザーをサイトに誘導することは、特定の情報を求めている人に、必要な情報を提供することであり、WEBサイトにとって最も確度の高い見込みユーザーを得ることになります。

 しかしながら、キーワード検索では、上位20位以下の登録だとアクセス率が著しく低下してしまいます。(約70%の人が20位までしか検索しないと言われています)。

 ホームページを、広報、広告、販売促進などの目的でせっかく作っても、アクセスが少なければ、残念ながら目的を果たせません。

 そこで、キーワード検索でグーグル、ヤフーなどの主要な検索エンジンに上位表示できれば、好感度の高い優良サイトとして、収益に直結した集客を促進できるとともに、企業ブランドのアップにも貢献する優れた広報・広告・販売促進ツールを得る ことになります。