イーウェストは検索エンジン最適化・上位表示で、お客さまのビジネスモデルを支援いたします

検索エンジンへの上位表示

 イーウェストでは、ロボット型検索エンジンへのキーワード上位表示(1位〜20位)を“ 低コスト・高品質・定額制 ” でご提供いたします。

 検索エンジンへの登録には、大きく分けて2つあります。一つはGoogleに代表されるロボット型検索エンジンです。ここではロボット(スパイダー/クロウラー)と呼ばれるプログラムが、ネット上のホームページのリンクを巡回してデータベースに自動的にページサイトを収集し、登録します。

 もう一つはYahoo! Japanに代表されるディレクトリ型検索エンジンへの登録で、人手によるそれぞれの基準に合った審査をパスしたサイトが、カテゴリー別に分けられ登録されるものです。

 ネットユーザーはどちらか一方だけで検索するのでなく、例えばヤフーでカテゴリ検索時の表示件数が少なければ、グーグルのキーワード検索で探したりしています。

 ディレクトリ型検索は情報量に限界があるため、Yahoo! Japanも2005年10月よりロボット型検索エンジン(YST)を採用しました。

 現在、国内の各検索エンジンのシェアはYahoo! Japan、Google系(下記一覧参照)、Msnの順になっています。

 Google及びYahooは、互いの競争優位性を得るため下記3点に力を入れています。

  1. WEBサイトの総登録件数
  2. キーワードマッチング(アクセス結果の適合性)
  3.  
  4. 検索スピード

 Googleの表示スピードの速さ、キーワードマッチングの正確さは、他に比類なきものがあり、下表のように、ロボット型検索エンジン(キーワード検索)で、Googleの検索結果は、多数の検索エンジンとポータルサイトに採用されています。

ロボット型検索エンジンでのグーグルの採用状況 : 2007年12月現在)

主な検索エンジン ロボット
Google Google
Yahoo! Japan YST
goo Google
livedoor Google
Infoseek Japan Google
Excite Inktomi
Fresheye Inktomi
OCN Google
Biglobe Google
@nifty Google
So-net Google
AOL Google